屋上緑化で作物を栽培

近年、環境問題への関心も高く、屋上緑化に興味を持っている人が多数います。そのなかでも屋上菜園に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。愛情を込めて作物を育てることで達成感や食べ物へのありがたみを感じることができます。 しかし、屋上菜園には注意が必要です。菜園をするには土壌と排水に気を付けなければなりません。作物を育てる場合は栄養のたっぷり入った土壌がたくさん必要ですが、地上と違って屋上にたくさん土を盛るわけにはいかないので、ある程度のの土壌厚で育てることができる作物を選ばなければなりません。排水のことも考え、耐根シートを敷いたり、ドレインの周りには土壌を盛らないなどの対策も必要です。 屋上菜園で人気の野菜は、夏であればオクラ、かぼちゃ、キュウリなど、冬であればカブ、カリフラワー、キャベツなどがあります。しかし、環境や構造によって適した作物は違ってくるので、どの作物が合っているのかきちんと調べましょう。 作物を育てることで、季節の変化を目と肌と舌で感じることができ、自分で育てた作物を食べることには大きな喜びがあります。緑にはヒーリング効果もありますし、ストレス社会の現代に屋上菜園はおすすめです。

お勧めのページ