屋上緑化は人工植物の場合も

一口に屋上緑化といっても、さまざまな手法があります。たとえば、直射日光を防いで建物の表面温度を下げるだけなら、何もリアルな植物でなくてもいいわけです。 人工芝や人工植物を使うことで得られるメリットはいくつもあります。代表的なものとしては、剪定の必要がないこと、肥料や水をやる必要がないこと、さらには虫が寄り付きにくくなることなどが挙げられます。 費用も安くすませられますし、長期的に使用ができるのでコストパフォーマンスもよくなります。効果的に建物の外観をデザインできるので、人工植物を利用する建物も多くなっています。一度工事をすれば、あとはメンテナンスフリーで面倒でない点も喜ばれている部分です。 最近はこうした人工植物によってビルを覆ってくれる業者もたくさん現れていて、簡単に緑化を達成することができます。ビルは屋上緑化をすることで劣化を防げるので、建物の寿命を伸ばすためにもやっておくのがいいでしょう。断熱効果もアップしますし、防炎性の素材でできた人工植物なら火災防止にも役立ちます。見た目も美しくなりますし、ヒートアイランド現象の抑制をして、地域貢献もできる点が素晴らしいです。今後はさらにブームが広がっていくはずです。

お勧めのページ